神戸駅近く。内科・消化器科・大腸内視鏡・胃内視鏡・炎症性腸疾患・ピロリ菌等の診療・検査 【青山内科クリニック】〒650-0015 神戸市中央区多聞通3-3-9神戸楠公前ビル5F

 

消化器内科診療  【完全予約制】

 
午前診察(9:10〜11:00)
A




胃内視鏡(11:00〜12:00)
大腸内視鏡(12:00〜17:00)
夜間診察(17:00〜18:00)
B
B
B
* 原則として第2土曜日は休診ですが、ご確認ください

A:水曜日のみ、胃内視鏡検査9:20〜
B:火・水・土は、大腸内視鏡検査〜18:00


【代診Drの診察】

月1回、土曜日14:00〜16:30 代診Drの診察

【内視鏡検査に伴う循環器内科診療 【予約優先】

毎週水曜日 9:00〜11:30 診療(診察・エコー検査)

【休診日】

日曜・祝日・木曜・第2土曜日(原則として)


【ご予約】

お電話、ファックス、メール(現在オンライン予約ではありませんが迅速に対応致します)で承っております。
ホームページ“検査・外来予約”項をご参照ください。

【休診日のクリニック外施設での内視鏡診療】

現在、入院を前提とする消化管腫瘍の内視鏡切除(主としてESD(切開剥離))や胆膵系内
視鏡(ERCP)を中心に下記施設で定期、不定期に携わっております。

●定期
西宮市立中央病院      (第1、3、5木曜日午前)ESD、ERCP
京都工場保険会神戸健診センター(第2、4木曜日午前)経鼻内視鏡
服部病院            (第2、4木曜日午後)大腸内視鏡


●不定期(第1、3、5木曜日午後)
佐野病院、県立こども病院、大阪警察病院、県立尼崎病院、宝塚第一病院、三菱神戸病院、松田病院、明石医療センター、新日鐵広畑病院 他

 

 

 

●General
(株)メディカルプロデュース
谷口 敏也 t_taniguchi.mp@ares.eonet.ne.jp
(株)エイコーメディカルソリューション
井上 芳則 y-inoue@eicoh-oa.co.jp
●クリニックデザインアドヴァイス ●クリニック建築
建築設計工房かすたねっと
糟谷真子 kasta-net-s@mbj.nifty.com
前川建築株式会社(0795-76-0259)
http://www.maeken-c.co.jp/
●ホームページ作製
Dream 〜WEB制作・ITコンサルティング・LAN構築・PCサポート〜 URL:http://www.st-dream.com
鳥越慎司、梅津裕子 info@st-dream.com

 

 

クリックで大きく表示されます

@ 1F神戸楠公前ビル入口

 

ビル西側三井住友銀行ATM入口横の階段を上がります。

ビル全体がセコムによるセキュリティ管理下、加えて24時間、守衛さん常駐、ビル内監視カメラが作動しています。

この入口は8時から20時まで開いています。

(バリアーフリー入口は、ビル南側三井住友銀行駐車場側にありますのでご遠慮なくご連絡下さい)

 

A 地下Duo Kobeからの連絡口

 

地下Duo Kobeからの連絡口は、高速神戸東改札からJR神戸方向へ10mベーカリー&喫茶”Cascade”横、2番出口です。

 

B クリニック入口

 

5Fエレベーターホールからクリニック入口方向(入口は自動ドアです)

 

CDE 受付・ロビー

 

受付はYUYAMA社製電子カルテ(Brain Box)により迅速な会計が可能です。

また、お電話、ファックス、メールによる的確な対応を心がけています。

 

ロビー机上や棚には最新情報掲載資料を常備しています。受付前には”富士の湧水”をご自由にお飲みいただけます。

 

外来お手洗は温水ウオシュレット、鏡台が配備されています(クリニック外のビル共用お手洗いもご利用いただけます)。

 

ロビー北側の窓からは湊川神社全景をご覧になれます。

 

FG 診察室

 

ロビーから順に第1、第2診察室と並びます。診察室はプライヴァシーに配慮した個室です。

 

YUYAMA社製電子カルテ(Brain Box)によるペーパーレスかつセキュリテイ対応の情報管理、医師と患者様の椅子は同型である意図をご理解の上診療に関する事は勿論、ご遠慮無くご要望をお話し下さい。

 

第2診察室は非常勤医師の診察や看護師によるご説明に使用します。

 

H 内視鏡室

 

オリンパス社製最新のNBI搭載機器を導入しています。

上部は経鼻対応機器を有し、下部は エルベ社製ICC200により即日ポリープを切除しています。

内視鏡洗浄はガイドライン遵守、検査所見はファイリングによる画像とともにデジタル表記です。

 

I 回復室

 

ゆとりのあるスペースとプライヴァシーに配慮した回復室を4部屋準備しています(内視鏡検査台に変化するリカバリーチェア1台、ソファー型3台)。

十分に鎮静した場合は内視鏡検査台ごと回復室まで移動しご希望の体位でお休みいただきます。

 

軽い鎮静の場合はご自身で移動いただきソファー型を利用します。ソファー型もフラットになりますので点滴や潰瘍性大腸炎の血球除去療法にも活用しています。

個別にライトが点灯し、クリニック全体にクラシックBGMが流れています。

 

J 男女別お手洗い・更衣室

 

手前から男性更衣室、男性お手洗、女性お手洗、女性更衣室と並び男女間はカーテンで仕切ります。

更衣室はダイヤル式個別ロッカー、お手洗は温水ウオシュレット、鏡台完備です。

 

K ナースステーション

 

内視鏡室、回復室、お手洗・更衣室を見渡せる位置から全体に目を配ります。

呼気によりピロリ菌感染を判定できる測定機器(Ubit300)が常備され、検査(20分)後すぐ結果が判明します。